読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

数理的手法を使いやすくするためのソフトウェア開発

科学技術計算とデータサイエンスについて

Ubuntu 16.04 のインストールディスクは ネットワークアダプター Atheros AR8161 Gigabit Ethernet への対応が不完全だった

先代のメインPC^1機械学習の練習マシンとすべく、日本語版Ubuntu 16.04 をインストールしました。しかし、どういうわけかネットワーク接続が不安定で、数秒間つながって、切れて、また、つながって切れて、を繰り返していました。

しかも、「インストール中にアップデート」を選んだのに、まったくアップデートされていませんでした。

解決策

まず、件のPCでLANアダプタは

$ lspci | egrep '(Ethernet|Network)'
03:00.0 Ethernet controller: Qualcomm Atheros AR8161 Gigabit Ethernet (rev 08)

ということで、ググッてみました。

すると、[ubuntu] Ethernat / Wired connection not working^2

First, open Network Manager and set the MTU for the wired connection to 8192. Reboot and see if it works correctly

というアドバイスが。

再インストールと結果

そこで、Ubuntuインストールディスク起動後に、"Try ubuntu"を選んで、

$ sudo ifconfig eno1 mtu 8192

としてみると^3、安定してネットにつながるように。感動。 あとは、"Install Ubuntu"アイコンをクリック、今度はネットワークにつながるからなのか、前よりも早くインストールできました。

ただ、不思議なのは、そうしてインストールしたUbuntu 16.04 では、mtuの値を大きくしなくとも、安定してネットワークにつながっていることです。

$ sudo ip addr
   ;
2: eno1: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> mtu 1500 qdisc pfifo_fast state UP group default qlen 1000
   ;

ネットワーク接続 -> 有線接続1 -> Ethernet で見ても、

MTU 自動

となっています。

なぜなのか。。

まあ、これでネットから機械学習関連ツールをインストールできるようなったので、よしとします。まずは、TensorFlowのMNISTチュートリアルを理解するところからはじめます^4


参考

^1:「メモ:VMwareとVirtualBoxの仮想マシンを引っ越し」で書いたように、年末にブルースクリーンを頻発していた先代のメインPCが、最近はいたって好調なのです。

^2:[ubuntu] Ethernat / Wired connection not working

^3:Ubuntu 12.04:MTU値を変更しNetworkを最適化する

^4:「TensorFlowで学ぶディープラーニング入門 ~畳み込みニューラルネットワーク徹底解説」中井 悦司 2016/9/27