数理的手法を使いやすくするためのソフトウェア開発

科学技術計算とデータサイエンスについて

ノートンはライセンス延長よりも新規購入が安いが、新規購入を簡単にはさせてくれない

ノートン商法が悪質すぎて、他のセキュリティソフトへの乗り換えを考えてしまいました。

ライセンス延長の料金が、新規購入よりも遥かに高い

ノートンには、ライセンス長期使用のユーザーを大事にするという気持はないようです。

ノートン360の自動延長料金は高い!最安値で更新する方法を徹底解説

にまとめてあるように、ライセンス延長すると金銭的にかなりの損をします。 たとえば、「ノートン360 デラックス(3台版)」では、延長料金は新規購入の2倍です。 1年延長ではなく、もっと長く、2年や3年の延長をすることにしても、 同じように延長料金は新規購入の2倍かかります。

ライセンス延長でなく、新規購入しようとすると手間がかかる

ノートンは、ライセンス延長料金の高さに気がついたユーザーが、 新規購入することを予想していて、その対策をしているようです。 ユーザーには不利益な形で。。

ノートンのウェブサイトにサインインして、「製品とサービス」ページで、 「今すぐ購入」をクリックすると、

すでにライセンスをお持ちのようです。追加購入やアップグレードオプションについては、サポートまでお問い合わせください。

と表示され、新規購入手続きを進めることができませんでした。 そして、サポートページに追加購入のためのメニューやリンクは見つかりませんでした。

このとき、私のライセンス有効期限は過ぎていたのですが、それでも「ライセンスをお持ちのよう」だからと、 サポートに問い合わせをさせるのは、あくまで、高額なライセンス延長料金を払わせるためなのでしょうか。 悪質すぎます。

新規購入でもアカウントはそのまま使える

腹が立ったので、ウェブサイトの自分のアカウントからではなく、製品ラインナップのページ

ノートン製品一覧|ノートンストア

から、購入してやりました。この購入手続きのなかで、メールアドレスを入力する必要があります。 ノートンに登録済みのアドレスを入れると、また、購入を邪魔されるのではと心配しましたが、 そんなことはなく、無事に購入できました。そして、ライセンス延長する予定であったWindows PC に、 ダウンロード&インストールできました。

そして、新規購入したので、これまでのノートンのアカウントとは別のアカウントになるのか、とも心配していたのですが、 そういうことにはなりませんでした。これまでのアカウントにサインインしてみると、 ライセンス管理ページで、新規購入分のライセンスと、期限切れとなったライセンスの両方が確認できました。

ライセンス自動延長を簡単には停止させてくれない

ライセンス延長料金の悪どさが嫌で、新規購入したのに、 購入したライセンスは自動延長されることにされてしまいました。 購入時に、自動延長するか、しないかを、選ぶことはできず、 延長料金は当然のように新規購入代金よりも割高に設定されています。

そして、この自動延長を簡単には停止させてくれません。

まず、ノートンのサポートページ

ノートン製品のライセンス自動延長サービスを停止する

には、

1. 自分のアカウントにサインインします。 2.[マイアカウント]ページで、自動延長サービスをキャンセルするライセンスの横にある[ライセンス自動延長サービスをキャンセルする]をクリックします。 3. キャンセルを確定します。

と書いてありますが、[マイアカウント]ページに、[ライセンス自動延長サービスをキャンセルする]というボタンは見つかりませんでした。

ノートンからのメール「製品ご購入内容のご連絡」の長い長いメッセージのなかに、

期限切れが近づくと自動延長サービスにより自動的に延長手続きが行われます。 ...申込状況の確認/サービスの停止手続きはこちらより実施いただけます。

とあるのを見つけ出して、そして、「停止手続きはこちら」のリンクをたどって、 自動延長を停止する必要がありました。

ノートンから、本当に停止するのか、と何度もしつこく聞かれましたが、「停止する」とクリックし続けました。

長い戦いでした。

ノートンは不要なのかも

以上のようなわけで、ここまで酷い扱いをされてノートンを使い続ける必要があるだろうかと、疑問に思っています。 これまでは、Windowsのセキュリティが信用できなくて、 アンチウイルスマルウェア対策のためのノートン商品を購入してきましたが、 ほかにもセキュリティソフトを開発・販売している企業はあります。

セキュリティソフトの比較 2022 - the比較

を見てみると、カスペルスキーやウィルスバスターの機能が劣っているわけではなさそうです。 ただ、値段はキャンペーン価格かどうかで、どれが安いかは変わってくるようです。

そもそも、最近のWindows のセキュリティは、OSに備え付けのWindows Defender で十分だから、 セキュリティを購入する必要はない、という意見もあります。

Windows 10はアンチウイルスが不要って本当?→本当です(苦笑)|合同会社たいが 代表のブログ

来年のセキュリティソフトはどうしようか。。